【遊技機事業部 ソフトウェア部】 2013年入社
とにかく人を惹きつける演出内容を考える
私は遊技機事業部に所属しています。パチンコ台の演出で使われる光る部分を、主にランプとよぶのですが、それらの制御を重点的にやっています。お客様からの依頼で、人を惹きつけるランプ演出をいかに表現するかなどをまずは考えて、実際にプログラムを組み、表現してみる、そういったソフト的なことを担当しています。全体で10人くらいのチーム作業です。仕事は演出的な、どちらかといえばお客様の反応ありきの要素があるので、プログラムを組んでいる段階では答えがないことが多いです。
答えは、お客様に納得いただけることや、実際に台を打つお客様が喜んでいただけるものなんです。私が日々仕事で悩んでいる、その答えはずっと先にあるというのが正しい表現かもしれません。

学生時代に身につけたIT知識を活かしたい

私は2013年にオウミ技研に入社しました。今は別の場所に住んでいますが、もともと群馬県の出身です。 前職は製造業で、以前から興味があったIT業界で仕事がしたく転職しました。大学時代にCやJAVAプログラミング言語を勉強していたので、その知識が使えたらとずっと思っていたんです。実際、仕事では先ほどのランプの作業だけかと勝手に思いこんでいた部分があるのですが、想像と違い、演出に関しては自分自身で考えて、そして想像して作る必要があるので、その点ではゲーム的なクリエイティブ要素が求められます。先ほどもお話しましたが、自分は当初もっと実務的なプログラミング作業がメインだと思っていたので、入社当初は少し驚きました。

入社を決めたポイントは、パチンコという身ぢかな題材を扱えるということと、やっぱり自分の勉強したITが使えるということですね。パチンコに関して、入社するまでの自分の認識では、同じ演出がけっこうあり、ほとんど毎回同じものをルーチン的に作っているのかと思っていたんです。それが実際は違っていました。機種ごとにそれぞれ独自の演出が考えられていることが自分にとってはとても意外でした。想像していたものより、ずっと手がかかっているんです。

今はとにかく吸収、将来はマネジメントにもチャレンジ

今は知識もまだまだ浅いので、できる範囲も本当に少ないというのが正直なところです。ですから今は目の前の仕事を貪欲にこなしながら、経験と知識をどんどん積んでいきたいと思っています。まだまだ不十分な部分、わからない部分が多いので、もっともっと知識を吸収し、面白いものを作っていきたいんです。そうですね、将来的にはチームを管理して引っ張っていくということにもチャレンジしてみたいですね。

使ってくださるお客様の気もちを考えるようになれた

開発の仕事に携わりながら、自分でも意外なくらいお客様の気もちを考えるようになりました。もっともっと楽しんでもらいたい、そんな想いが芽生えてきたことが入社してからの自分の大きな変化です。私の仕事ではモーターを扱うことも多いのですが、そういったほかのパーツの仕様や制御にもなるべく負荷をかけ過ぎることなくプログラムすることに気をつけています。ささいな点かもしれませんが、そういった気くばりを忘れずによいもの提供する努力をするということは、今の自分にとっても大切だと思うからです。
プライベートですか?今は健康管理に気をつけています。開発という仕事柄、あまり動きまわることが少ない職場環境なので、できる限り運動をするように努めていますね。

積極的に知識を得、経験を積んでいく

オウミ技研は会社としても、新たな分野で攻めていきたいというパワーが強くなってきています。しかし私は今の専門分野であるパチンコで、もっともっと力をつけていって、会社に貢献していきたいと思っています。
私たちの会社は決して大人数の会社ではありません。その中でお客様から、納期的にも演出的にも厳しい注文を受けて、それらに応えていかなければならないという場面も多々あります。競争の激しい業界ですからいたしかたありません。その分、チーム内で助けあって克服していこうといった雰囲気がとても強いと感じます。日ごろからコミュニケーションが取れているからこそ、いろいろな知識や機会に触れることもできるんです。

なりたい自分を真剣に考えたステップアップを

パチンコが好きで詳しい先輩方が大勢いるので、エンターテイメントに興味のある方には楽しくてやりがいのある環境だと思います。私自身は今までパチンコにはあまり馴染みがなく、入社するまではもっと単純なものかとかと思っていたことは先ほど話したとおりです。でもいざ自分で開発に携わってみると家電レベルに実装されるような細かな制御、高いレベルでの組み込みの知識が求められるので、日々とても貴重な経験ができていることを魅力に感じます。やっぱり、飛びこんでみないとわからないことってたくさんありますね。だから、少しでも興味をもったらまずは行動してみるという姿勢が大切だと思います。