ブログ

『マイコン 載せ替え?!』について

AVRマイコンのデバイス

こんにちは、ハード部です!

ここ数ヶ月で、『マイコン 載せ替え』に関する お問合せを何件か頂いています。

 「生産中の電子基板のマイコン部分だけを別のものに置き換えたい」

といったご要望になります。

AVRマイコンが搭載された電子基板

そこに至るまでの経緯を記しますと・・・

 ☆ 搭載されるマイコンがディスコン(生産終了)を迎えて・・・
      ⇩
 ☆ 先ずは、メーカーの在庫が底を尽き・・・
      ⇩
 ☆ 続いて、流通在庫も・・・
      ⇩
 ☆ 遂には、新しいマイコンに設計変更せざるを得ない

このような事態の背景には、昨今の国内半導体メーカーの著しい凋落が大いに関係している訳ですが、
今後においては、デバイスの『機能・価格』はさておきに、
『寿命』を最重要項目とした上での部品選定を行うべきなのでしょうか 。。。
そうは言っても、デバイスの終息を予測することは、なかなか容易な話ではありません。

しかし、このような状況な中で、確実に言えることが1つあります。
それは、ローエンドモデルのマイコンに限定すれば、
『PIC(マイクロチップ社)』『AVR(アトメル社)』を選定しておけば、
不意のディスコンを極力避けることができる ということです。

AVRマイコンのデバイス

何しろ、世界中の人々が様々な場面で使用するマイコンだけに、そう簡単に消滅することはありません。
それと同時に、マイクロチップは、ディスコン(生産終了)しないことを会社の方針として掲げています。

 ※アトメルは、2016年にマイクロチップの完全子会社になっています。

「とはいえ、海外製は、どうも信頼性が・・・」
このようにお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、
PIC、AVRともに、これだけ長年、生産が続いている訳ですので、
それイコール『信頼性が高い』という評価で良いのではないでしょうか。

当社でも、家電製品にAVRマイコンを組み込んだ経験がありますが、
現在に至るまで、マイコンに何かしらの不具合が起きたという報告は皆無です。

みなさん、近々、『マイコン 載せ替え』のご予定はございませんか?
流通在庫がなくなってからのご判断では、生産スケジュールがストップしてしまうこともありますよ!
そうならないためにも、ぜひとも、オウミ技研にご連絡を!

PCの操作する上機嫌なカエルのイラスト

------------------------
 ★ ご相談、お見積りは、お気軽に ⇒ こちらまで
------------------------

==================================================
 ★ ハード部のことをもっと知りたい ⇒ ハード部専用ブログへ!
 ★ オウミ技研のIotに対する取組みを知りたい ⇒ ブログ「中小企業へのIot導入に向けて
                         ⇒ ブログ「中小企業向け『簡易Iot』
 ★ ハードウェア・ソフトウェア設計・製造に関するお悩みがございましたら、ぜひお気軽に お問い合わせ を!
==================================================

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る