ソフトウェア部の記事一覧

  1. 急がば回れをモットーに

    こんにちは、ソフトウェア部です。今回は「急がば回れ」と思った事を、詳細設計書レビューを例に書いていこうと思います。詳細設計書とはプログラムの元になるソースコードを書く際に必要な資料です。一方、レビューは有識者または経験者に設計書を一緒に確認してもらいます。

  2. 確率攻略法

    こんにちは、ソフトウェア部です。「確率」言葉だけだと、すごく数学的な小難しい単語ですが、私たちの周りにも「確率」にまつわる物はたくさんあります。

  3. artificial intelligence

    毎日、暑い日が続いていますね。夏バテ気味で冷たくて「ふわっふわっ」のかき氷が愛おしいソフトウェア部です。

  4. 工程の標準化

    ソフトウェア部の今期の課題の1つに、『各工程の標準化による品質向上』があります。細かいノウハウを集約し、部として同一品質を保てるようにする為、各作業の工程マニュアルを作成しています。ソフトウェア業界の開発は、「熟練者の技を盗め」的な職人気質な考えもあります。

  5. チーム力の底上げ

    スポーツに例えて言えば強いチームを作るには優秀な監督やキャプテンの存在が不可欠ですが、当然所属するメンバーの個々の力も重要です。

  6. 役物制御について

    こんにちは、ソフトウェア部です。もうすっかり暖かくなってきましたね!花粉症等は大丈夫でしょうか?今回はパチンコの役物制御について話してみたいと思います。パチンコの役物制御には「ステッピングモーター」という種類のモーターが使われています。

  7. 『し過ぎ』の注意

    こんにちは!ソフトウェア部です。突然ですが、みなさんは『宥坐の器(ゆうざのき)』というものをご存知ですか?宥坐の器とは、空っぽの時は斜めに傾き、水を程良く中くらいまでいれると真っすぐ立つ。上まで満たそうと注ぎ過ぎれば、途端に全てがこぼれ出てしまうという宙に吊るされた器です。

  8. 陽転思考

    こんにちは、ソフトウェア部です。以前ブログでオウミ技研では受けたい研修を自分で選んで受講する“自己啓発研修制度”があると紹介したかと思います。自分が参加した研修で興味深いなと思ったことがありました。それは「陽転思考」という考え方です。

  9. インフルエンザ予防接種!!

    こんにちは、ソフトウェア部です。寒さがひとしお身にしみる頃となりました。毎年この時期に一番気を付けなければいけないのは冬の時期に大流行するインフルエンザです。(ちなみにインフルエンザの流行期間は12月後半~2月だそうです。

  10. 個人目標の共有

    オウミ技研では、毎年10月に新しい期へと変わります。この時期にオウミ社員は、1年間で達成したい個人目標を設定しています。いつもであれば個人目標は部署長とだけ内容を共有して、1年間目標達成に向けて活動する体制をとっていました。

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る