ブログ

ラズベリーパイ・ピコが発売!|ラズパイ情報局Vol.1

いつも皆さまに感謝しております、
オウミ技研、ハード部です!

今回の投稿は、『簡易Iot』シリーズの第3弾となる

 ☆『Iotにレンタルサーバ、クラウドは必要?』☆

を予定していましたが・・・

急遽、イギリスからビッグなニュース!が届きましたので、
そちらに内容を差し替えてお送りします、ご了承下さい。

早速ですが、何がビッグニュース?なのかと言いますと・・・

すでに、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
2021年1月21日に、イギリスのラズベリーパイ財団から、
ラズパイのNEWモデル 『Raspberry Pi Pico(ラズベリーパイ・ピコ)』 が発表されました!!

先にネタを明かしてしまいますが、このラズパイ、スタンドアローンの『マイコンボード』になります。
価格は、何と!規格外の『4米ドル』!! 日本円で『600円前後』でしょうか。
2月12日現在、正規代理店や一部のネットショップでは、すでに販売が開始されているようです。

気になる、ボードスペックを紹介しますと・・・

CPUは、ARM『Cortex-M0+』をデュアルコアで搭載した、ラ財団の独自設計による『RP2040』
オンチップのRAM、フラッシュメモリは、各々264KB、2MB

既存のラズパイとは異なり、LinuxOSが搭載できません・・・ので、
いわゆる『マイコンボード』ということになります。
しかし、マイコンボードであるが故に、
LinuxOSが苦手とした『リアルタイム機能』が改善されることにもなります。

次に、入出力インターフェイスは、以下の通りです。

 ・GPIO ×30(ADC ×4)
 ・SPI ×2
 ・I2C ×2
 ・UART ×2
 ・PWMチャンネル ×16
 ・温度センサー

最後に、通信給電を行うマイクロUSBポートを備えます。

開発言語『C/C++ SDK,MicroPython』となります。

今回の投稿は、とりあえず、スペックと機能の紹介まで。。。
価格が規格外に安いので、ちょっとした量産機への組込みにも使えそうですね!!

『ラズパイで、あんなこと、こんなことできない?』のご用命は ⇒⇒⇒ こちらまで

=======================================================
 ★ ハード部のことをもっと知りたい ⇒ ハード部専用ブログへ!
 ★ オウミ技研のIotに対する取組みを知りたい ⇒ ブログ「中小企業へのIot導入に向けて
                         ⇒ ブログ「中小企業向け『簡易Iot』
 ★ ハードウェア・ソフトウェア設計・製造に関するお悩みがございましたら、ぜひお気軽に お問い合わせ を!
=======================================================

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る