ブログ

「仕事に対する向き合い方」 ~本番に強い人~

営業本部からの投稿です。

今回は、「本番に強い人」の仕事に対する向き合い方です。
大舞台でもそつなくこなす「本番に強い人」っていますよね。
普段から努力しているのになぜかうまくいかない「本番に弱い人」からしたら、うらやましい限りです。
両者を隔てている違いについて具体例をいくつかご紹介します。
自身の考え方や行動を振り返って、チェックしてみてはいかがでしょうか?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
本番に「強い人」と「弱い人」の違い

①「失敗できない…」ネガティブ思考 or 「ダメ元。上手くいけばラッキー!」
失敗やミスを極端に怖れ、どちらかといえば回避行動をとってしまうのは、本番に弱い人。
「失敗したらどうしよう…」始まる前からネガティブな印象に囚われてしまう人って、いますよね。
成功のイメージができていない。だから、本番で上手くいかないのです。
この負のスパイラルから抜け出せないと、チャレンジすら遠のいてしまいますよ。
かたやここ一番を得意とするタイプは、本番を特別視しているでしょうか?
「普段通りの自分でいい。失敗したらそれまで」くらいにしか思っていないのかもしれません。
逆に「この場面をものにできたら…」と、チャンスと捉える前向きさがあるのかも。

②軌道修正が苦手な完璧主義者 or イレギュラーでも柔軟に対応
こだわりが強い人は、言い換えれば「完璧主義」に近いのかもしれません。
彼らは、一人で同じことをたんたんと繰り返すような作業を得意としています。
反面、他人と協力して何かをなしたり、プレゼンや発表など、耳目の集まる状況だと本領発揮とは、なかなかいかないようです。
どんなに事前準備やシミュレーションができても、本番一発勝負の場で力が出せなくては意味がありません。
何か予期せぬ出来事が起きた時、軌道修正ができない人ほど本番に弱いタイプと言えるでしょう。
強心臓の持ち主は、どんなにイレギュラーな状況下でも、柔軟に波を乗りこなすように落としどころを見つけにかかります。
だから、予想外なことにも動揺しません。普段から完璧さを追求しすぎる人は、要注意。

TABI LABO様より引用
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いかがですか? ちょっとした考え方の変更で、毎日の仕事の結果や気持ちも大きく変わるかもしれませんよ。
仕事に対する向き合い方を見直して、一人前のビジネスパーソンにまた一歩近づきましょう!

こんな事をやってみたい!!という事がありましたら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  こちらへ

お問い合わせ


是非、お問い合わせ下さい。
オウミ技研 営業本部の紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る