ブログ

「仕事に対する向き合い方」 ~心が折れない人~

営業本部からの投稿です。

今回は、「心が折れない人」の仕事に対する向き合い方です。
仕事やプライベートで逆境に見舞われた際、「心が折れやすい人」っていますよね。とくにビジネスの場では、「心が折れない人」のほうが、デキる人として評価されることも。具体例をいくつか紹介しながら心が折れる人と折れない人の違いについて自分自身と比較しながら折れない心を手に入れる為に、確認してみましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「心が折れる人」、「心が折れない人」の違い

①すぐに頭を切り替えられる、いつもまでもズルズル引きずる。
「折れない心をもった人」はミスをミスとして清く認め、直ぐに対処法を考える事が出来、気持ちも切り替えられるため、一歩会社から出れば、プライベートも楽しめます。「心が折れる人」は、いつまでも悩んで前に進む事ができませんし、気を紛らわすため飲みに行って愚痴をこぼす事になってませんか?ミスが忘れられず、同じ失敗を繰り返すのでは…と恐れるようになります。

②完璧を求めない、理想をベースに物事をはかる
完璧を求めず「及第点」を設定し、確実にクリアする事を優先できる折れない人たち。人は誰でも不完全。それを理解しているから、相手に完璧を求めません。完璧を求めない事も失敗を恐れず進める原動力となります。しかしながら「理想」を追うあまり、完璧を求めてしまいがちで相手に負担を掛け過ぎる事もあり、ちょっとした事でトラブルと思い込み物ごとが進まない、落ち込んでしまう事も…

③必要なときに頼れる人がいる、一人でなんとかしようともがく
自分でできる事は自分でするのが当たり前。ですが、ときには誰かを頼る事も。頼られる事で喜びを感じ、信頼関係が構築する事も出来ます。上手く甘えられるのが、強い心の持ち主。
反対に他人に頼る事は、自分の能力の無さを露呈するだけのもの。限界がある事を理解せず一人で問題を処理しようとし、問題が大きくなってしまうことも…

④自分の価値は自分で決める、他人と比較し、一喜一憂する
簡単に心が折れない理由は、他人と比較し自分の価値を判断しない事。自分がどうありたいかを考えてさらなる向上を目指すようです。
反対に心が折れる人は、他人の意見が気になり、誰かと比較する事で自分を保とうとする傾向があります。比較により優位に立っているときはまだしも、劣勢に感じる度に落ち込み、いつもまで経っても強い心を手に入れる事はできません。

TABI LABO様より引用
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いかがですか?心が折れる、折れない人の違いが良く分かりましたね。自己分析する事で折れない人に近づけることも…、ときどき、自己チェックをしてみることも大切ですよね。
仕事に対する向き合い方を見直して、一人前のビジネスパーソンにまた一歩近づきましょう!

こんな事をやってみたい!!という事がありましたら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  こちらへ

お問い合わせ


是非、お問い合わせ下さい。
オウミ技研 営業本部の紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る