ブログ

「ビジネスマナーの常識」~気付(きづけ)の意味と使い方について~

営業本部からの投稿です。

今回のビジネスマナー・常識は、「気付(きづけ)の意味と使い方について」です。
荷物や手紙を送る時などに使われる「気付」という表現に皆様はどういう意味なのか?
御中や○○様方などと違いなど理解されているでしょうか?
そこで、今回は気付(きづけ)の意味や使い方などについてご紹介したいと思います。

【御中、様方、気付】
【御中】
良くビジネスシーンの中で良くでて来るフレーズです。
こちらは、その組織の誰かを指している為、FAXなどで良く見られます。
【様方】
ある世帯などにいる人を指しており、○○様方 △△様と書きます。
【気付】
例えば、旅先に荷物を送る場合、
○○ホテルフロント気付 ××行 (××は自分の名前)
のように書きます。
荷物を送る自分は○○ホテルの人間ではありませんので気付を使います。
逆に○○ホテルの従業員に送る場合は○○ホテルフロント□□様のようになります。

その他の使い方としては、弔電や祝電を出す場合にも気付はよく使われます。
例えば、友人の松田さんが結婚をするので、祝電を出す場合を考えてみます。
祝電の出し先は○○ウエディングという場所だとします。この場合、結婚する
松田さんは○○ウエディングに所属しているわけではありませんので
気付を利用します。

ビジネスシーンによっては、良く使う場合もありますし使わない場合もあります。
これらはビジネスパーソンとして基本的なルールです。疑問や不安は解消し、
皆さんも正しいマナーを身に付け、出来るビジネスパーソンにまた一歩近づきましょう!

こちらのブログを見られた方々へ
営業になりますが、こんな事をやってみたい!!って事がありましたら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  こちらへ
http://net-o.co.jp/contact/
是非、お問い合わせ下さい。

オウミ技研 営業本部の紹介はこちら
オウミ技研 営業本部メンバーからの部署紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る