ブログ

「ビジネスマナーの常識」~エレベーターのマナー~

営業本部からの投稿です。

今回のビジネスマナー・常識は、「エレベーターでの立ち振る舞い」です。
感覚的に恐らくこうだろうと思って日々利用しながら、本当にあっているのか
実は少し不安だったりしませんか?
そこで、今回はエレベーターの乗り降りの順番マナーと、上座下座についてご紹介したいと思います。

【乗る時の順番マナー】
エレベーターに乗る順番として正解なのは「自分が先に乗る」です。自分はお客様を案内する立場です。まず自分が先に乗って、「開」のボタンを押しながら扉を押さえ、後から乗ってもらいましょう。
ただし、すでに人が乗っていた場合はエレベーターホール側のボタンを押し、来客者に先に乗ってもらい、自分は最後に乗り込みます。
ちなみに、先にエレベーターに乗り込む際、さりげなく「お先に失礼いたします」と一声かけるようにすると、エレベーターに乗る順番のマナーとして、来客者も乗る順番を認識できるため、よりスマートですよ。

【降りる時の順番マナー】
降りるときの順番は「来客者が先」です。
エレベーターに乗るときと同様に「開」を押しながら反対の手で扉を押さえ、来客者に先に降りてもらいます。
目的の階に着いたら、来客者が戸惑わないよう「どうぞ」と声をかけ、「こちらでございます」と進行方向を告げてあげると良いでしょう。

【上座下座のマナー】
エレベーターには立ち位置の場所にもマナーがあります。
操作ボタンに近い場所が下座、奥が上座です。他にも利用者がいた場合は、できれば来客者や上司が上座に乗る事ができるように場所を誘導しましょう。
目上の人が先に乗っていた場合、「かわります」と声をかけて自分が下座になるように場所を移動するとスマートです。
ちなみに、エレベーターによっては操作ボタンが2箇所の場所もありますが、その場合は、エレベーターに乗って右側の操作ボタンの場所が下座になります。
※参考:キャリアパーク!ビジネス様 https://careerpark.jp/

いかがでしたか?これらはビジネスパーソンとして基本的なルールです。疑問や不安は解消し、是非、自信を持ってお客様をアテンドできるようになりたいものです。
皆さんも正しいマナーを身に付け、出来るビジネスパーソンにまた一歩近づきましょう!
それでは!

こちらのブログを見られた方々へ
営業になりますが、こんな事をやってみたい!!って事がありましたら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  こちらへ
http://net-o.co.jp/contact/
是非、お問い合わせ下さい。

オウミ技研 営業本部の紹介はこちら
オウミ技研 営業本部メンバーからの部署紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る