ブログ

タイピング オブ ザ キーボード

今回はソフトウェア部より、キーボードについてお話しようと思います。

パソコンを使うときに、キーボードで文字入力をしていると思いますが、今まで使いやすいキーボード、使いづらいキーボードって意識した事がありますか?

私としては、キーを押したときに柔らかいもの、キーの幅が狭いものが使いづらいと感じます。押したときに『カチ』『カチ』っと音が鳴るくらいのものが好みですが、会社で使っているキーボードは残念ながらそこまで音が鳴りません。
結構強くキーを叩くので、音が激しくなり近所迷惑になりそうです。(笑)

150817

ところで、キーボードでの入力には、ブラインドタッチというものがあります。キーボードに文字が書かれていますが、手元(キーボード)を見ずにキーを叩く技法です。
私が「ブラインドタッチが出来るか?」といいますと、やや微妙なところがあります。(笑)
プログラムを記載する際のアルファベットや、プログラムの補足コメントとして日本語の両方を日々タイピングしています。

ちなみに最近「オウム返し」と文字を打とうとしたら、2回も「オウミ」と間違えて入力してしまいました。(笑)
頭では「オウム・・・」とわかってはいるのですが、指先は日々メールなどで打ち込んでいる「オウミ」と打ってしまう・・・慣れというのは怖いですね!

キーボードによる文字の入力は、慣れれば速くなっていきますが、私は「速さ」より「正確さ」に注意しています。速く文字を打ち込んでも、誤字・脱字ばかりでは結局打ち直しで時間がかかってしまいます。

業務の成果物についても同様に、
速さはもちろん重要ですが、
正確さにも気を付けて製品を作っております。

オウミ技研 遊技機事業部・ソフトウェア部の紹介はこちら
オウミ技研 遊技機事業部・ソフトウェア部メンバーからの部署紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る