営業本部の記事一覧

  1. 「ビジネスマナーの常識」~会社の社判(社印)の違いについて~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「社判(社印)について」です。事務的な郵便、仕事の発注、契約など様々な場面で会社の印鑑を押したり押してもらったりすることがあるかと思います。

  2. 「ビジネスマナーの常識」~意外と知らないビジネス用語ついて~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「挨拶文について」です。ビジネス文章でよく使われる挨拶の定番として「時下ますます」がありますが、意外と悩ましいのが前文での時候の挨拶です。そんな時に活用したいのが「時下」の表現です。

  3. 「ビジネスマナーの常識」~ビジネス枕詞の使い方~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「ビジネス枕詞の使い方について」です。ビジネスシーンで本題の前に置いて、口調を柔らかくする言葉を「ビジネス枕詞」といいます。普段、何気なく使っている人も多いと思いますが、ビジネスマナーとセットになっているものなので注意が必要です。

  4. 「ビジネスマナーの常識(海外編)」~もし商談相手が外国人だったら?~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナーの常識(海外編)は、海外でも通用するグローバルスタンダードな視線のマナーをご紹介したいと思います。会社に外国人の商談相手がやってきたと想定します。

  5. 「ビジネスマナーの常識」~契約書などに使う判子の押し方・効力について~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「契約書などに使う判子の押し方・効力について」です。契約書などを書くときに、印鑑を使う(判子を押す)機会がありますよね。

  6. 「ビジネスマナーの常識」~気付(きづけ)の意味と使い方について~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「気付(きづけ)の意味と使い方について」です。

  7. 「ビジネスマナーの常識」~エレベーターのマナー~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「エレベーターでの立ち振る舞い」です。

  8. 「ビジネスマナーの常識」電子メールのマナー

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスのマナー・常識は電子メールのマナーです。日々、仕事を行っていく中で、最早電子メールでのやり取りは必須事項になっています。この新たに確立されたマナーについて紹介させて頂きます。① 緊急の用件には向かない。

  9. 『ビジネスのマナー・常識』~重要情報に関する対応~

    営業本部からの投稿です。今回は『重要情報』の取り扱いに関して投稿したいと思います。『重要情報』は現代社会において非常に重要な財産でもありますし、こうした情報が漏えいする事によって会社の財産が失われる事や、場合によって訴訟などの問題をもたらすリスクもあります。

  10. 「ビジネスマナーの常識」~正しい言葉遣い~

    営業本部からの投稿です。今回のビジネスマナー・常識は、「正しい言葉遣い」です。目上の人やお客様との会話で、言葉遣いは特に気をつけたいところですよね。場合によっては信用問題になる可能性すらあります。

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る