ブログ

懐かしや! 4ビットCPU基板 発見!

こんにちは、ハードウェア部からの投稿です。

先日、社内倉庫の中を整理していると、懐かしや!!
過去に作製した4ビットCPU基板と疑似ROM基板を発見!!

実はこの基板、〇〇年前に【『CPUの創りかた』渡波郁(著)】という本を参考にして作製しました。
この本は、組み込みハードウェアエンジニア初心者の方にお勧めの本です。
ロジックICだけでCPUを作製して、CPUの動きがわかってしまう。そんな一冊。

とりあえず、電源を入れてみると、LEDがチカチカ点灯している。
『おっ、こいつ、動くぞ!』

画像1

(注)本に記載してある部品、回路図とは異なります。

早速、ディップ・スイッチを動かし、疑似ROM基板にプログラムを設定(書き込み?)しましたが、思うように動作せず???  何故??  プログラム間違ったかな?

原因発覚! ディップ・スイッチの8ピン側がオペコード設定側でした。
そうとは知らず、1ピン側からオペコードを設定していたため、変な動作をしていました。
なるほど、納得(スッキリ!)
昔、作った基板なので、使い方を忘れていました。(涙)

疑似ROM基板_回路図

疑似ROM基板
そんなこんなで、時間が経過。整理は手つかずでした。
そんな経験、みなさん一度はあるはず。

以上、ハードウェア部から、よくある話シリーズでした。

オウミ技研 遊技機事業部・ハードウェア部の紹介はこちら

オウミ技研 遊技機事業部・ハードウェア部メンバーからの部署紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る