ブログ

「仕事に対する向き合い方」 ~社会人としてやってはいけない習慣について~

営業本部からの投稿です。

今回は、「社会人としてやってはいけない習慣」についてです。
学生から社会人になった所で、順応性を求められ想像以上に大変さを実感されたかもしれません。
大学にあった「カリキュラム」のように、オフィスには「特有の品行」があります。
なので、順応するのも時間がかかって当然でしょう。
ただ、その環境で働きはじめてしばらく経つのにまだ慣れないとしたら、自分の行動を見直すべきかもしれません。
一度、自身の行動を振り返ってチェックしてみてはいかがでしょうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
・上司からのアドバイスに反抗的な返答をする。

上司から辛辣な意見を言われた時は心が締め付けられます。みなさんも上司からフィードバックを
もらった際には、つらい思いをした事があるかと思います。
でも、何か提出物に対してアドバイスをもらった時には、むやみに自分を責めないようにして下さい。
あなたがベストを尽くしていないわけではなくても、もしかしたら上司との間で
認識の食い違いが起きていたのかもしれません。
たとえ建設的なアドバイスに慣れていなくてもプロフェッショナル性をもって受け取ることが大切でしょう。
また、他人からのアドバイスに防御的になってしまうと、今後アドバイスをもらえなくなる恐れがあるかもしれません。

・上司の愚痴で同僚との絆を深める
同僚との絆を深める方法の一つが、飲み会で上司の愚痴を言い合うことだとしたら、それは間違いです。
あなたから誰かの愚痴を聞かされた相手は、あなたの愚痴を言うことにも抵抗を感じなくなります。
人は噂話や愚痴を言いながら生きていくもの。それは仕方ないと思いますが、
だた、その話を聞いてもらう相手は、ちゃんと選んで話をしましょう。

・質問するのが怖い
「間抜けな質問」などは、存在しないということ。
例えば新しい部署、作業を任された時、よほどダメな上司の下についていない限り、
一度で全てを理解しろとは言われないはずです。
とはいえ、新しい環境にできる限り早く慣れるため、たくさん質問することは良いかと思います。
頭に浮かんだ疑問、不安、迷いを感じたときは、まず自分で答えを探り、
それでも分からない場合は、質問してみましょう。
上司のガイドラインに沿って業務を遂行したいと言う気持ちや意思表示でもあるので、好印象を与えられるでしょう。

TABI LABO様より引用
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いかがですか? ちょっとした考え方の変更で、毎日の仕事の結果や気持ちも大きく変わるかもしれませんよ。
仕事に対する向き合い方を見直して、一人前のビジネスパーソンにまた一歩近づきましょう!

こんな事をやってみたい!!という事がありましたら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  こちらへ

お問い合わせ


是非、お問い合わせ下さい。
オウミ技研 営業本部の紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る