ブログ

「ビジネスマナーの常識」~意外と知らないビジネス用語ついて~

営業本部からの投稿です。

今回のビジネスマナー・常識は、「挨拶文について」です。
ビジネス文章でよく使われる挨拶の定番として「時下ますます」がありますが、
意外と悩ましいのが前文での時候の挨拶です。
そんな時に活用したいのが「時下」の表現です。
“この頃” “目下のところ”といった意味を持ち、全ての季節に使える万能な時候の挨拶でも
ありますので使い方などご紹介したいと思います。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■どこで用いられる?
「時下」は、時候の挨拶なので、頭語(「拝啓」など)の直後、前文の書き始めで用いられます。
■基本パターン
「時下」は「時下ますます」の形で使います。
例えば
・時下ますますご清祥のことと存じます。
・時下ますますご多祥の段、お慶び申し上げます。
・時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
など
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「ますます」は「益々」と漢字で表記することも可能です。
(ちなみに「ますます」は「増す」を重ねた言葉で “よりいっそう”という意味があります。)
また、「ご清祥」、「ご清栄」でも意味があり、個人を相手(顧客全員に同じ文面を送る場合)とする場合は「ご清祥」を使い、
会社や組織を相手とする文章の場合には、「ご清栄」を用いるのが好ましいようです。
【参考】:意外と知らないビジネス用語の正しい意味と使い方 様

このように、挨拶文として良く目にする機会は多いですが、いざ文章を考えるとなった際には、ビジネスマンとしてある程度理解は必要かと思います。是非、自在に使いこなして一人前のビジネスパーソンに一歩近づきましょう!

こちらのブログを見られた方々へ
営業になりますが、こんな事をやってみたい!!って事がありましたら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  こちらへ
http://net-o.co.jp/contact/
是非、お問い合わせ下さい。

オウミ技研 営業本部の紹介はこちら
オウミ技研 営業本部メンバーからの部署紹介はこちら

関連記事

アクセス

【本社】
群馬県太田市吉沢町1059-10
TEL:0276-37-3917(代)
FAX:0276-37-3974
アクセスマップはこちら
【東京オフィス】
東京都渋谷区恵比寿南2-19-7
VORT恵比寿Dual's 5階503号室
TEL:03-5721-7577
FAX:03-5721-8333
アクセスマップはこちら

会社案内ウェブダウンロード用PDF

ページ上部へ戻る